コラーゲン効果!すっぽんサプリメントの上手な利用法!

コラーゲンとは?不足するとどうなるの?

コラーゲンとは?不足するとどうなるの?

コラーゲンとは、

人間をはじめとする動物の体内に最も多く含まれるタンパク質の一種です。

 

コラーゲンとは体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、目、髪などあらゆる組織に存在し、主に細胞のつなぎとなっています。

 

人間の体は約20%がタンパク質で、その3分の1はコラーゲンでできています。コラーゲンはそれだけ、人間の体になくてはならないものです。

 

コラーゲンが不足するとどうなるか、考えただけでも怖いですね。

 

 

コラーゲンの量は10代後半をピークにして加齢とともに減少します。

 

コラーゲンが不足すると、どうなるかというと、

  • しわやたるみなどの皮膚のトラブル、
  • 関節の痛みや変形、骨の衰え

などの症状が出てきます。

 

こうならないためにも、コラーゲンの新陳代謝を活発にすることが必要です。

 

もしあなたが、このような症状を抱え不安を感じているなら↓↓
黒酢の約91倍のアミノ酸と最高級すっぽんのコラーゲンがたっぷり!

 『すっぽん小町』

すっぽん小町

コラーゲンが不足するとお肌はどうなる?

私たちの皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立ち、その中で皮膚の中心は真皮です。
この真皮の主成分はコラーゲンです。

 

このコラーゲンが不足するとどうなるかというと、

  • コラーゲン同士が結びつく不自然な橋が多くなり、その余分な橋で水分を保つ場所が狭くなります。
  • その結果、保湿効果が衰え、お肌に水分が不足しカサカサの肌になるのです。

コラーゲンとは多くの臓器を作る原料でもあります。

コラーゲンが不足すると髪や骨はどうなるか?

コラーゲンが不足すると

髪が細くなったり、ツヤがなくなったり、また、骨がもろくなり骨粗鬆症にもなったりします。

 

さらに、骨と骨をつなぐ軟骨にも多く存在するコラーゲンが不足するとどうなるかというと、
膝が痛んだり、変形の原因になったりするのです。

コラーゲンが不足すると血管はどうなる?

私たちの体全身に張り巡らされた血管は、体に必要な物質を補給したり、不要なものを運んだり生きていくために欠かせないものです。

 

この血管が丈夫で健康でなければ、私たちの体に異常が起こります。

コラーゲンが不足するとこの血管はどうなるか?

血管は細かい傷を絶えず生じているもので、コラーゲンが不足するとこの傷口の修復がうまくいきません。

 

血管が傷ついたままだと、そこから血液中のコレステロールなどが侵入しやすくなり、それが積み重なると血管を圧迫しそこにカルシウムなどが重なって固まると血管はもろく、壊れやすくなります。

 

そうすると脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの生命に関わる疾患を引き起こすことになります。

 

人間の生命まで、おびやかすことにもなりかねないのです。怖いですね。

 

こうならないために↓↓
黒酢の約91倍のアミノ酸と最高級すっぽんのコラーゲンがたっぷり!

『すっぽん小町』

スマホバナー

すっぽん小町

「すっぽん小町」詳細はこちらから

TV・雑誌で話題の・・・コラーゲンサプリ!送料無料でプレゼント付

 30日間の返金保証付き 試すだけならノーリスクです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
H O M E 目次 サプリメント基礎知識 栄養成分・豆辞典 健康食品基礎知識 野菜パワー オススメ商品