簡単料理レシピ集!簡単『節約レシピ』 エコな節約生活!

美味しく楽しくエコな節約生活!「節約レシピ集」

美味しく楽しくエコな節約生活!節約レシピ

美味しく楽しくエコな節約生活!節約レシピ記事一覧

節約を成功させる秘訣!節約とは

節約、辞書で引いてみると「無駄な費用を省くこと」と実に簡単に記してあります。でも節約を体験した人の殆どの方が簡単には、節約をしていらっしゃらないのではないでしょうか。一念発起して節約を決意したものの、なんとなく節約がケチケチしているのでは?と思えてきたり、節約のことで頭がガチガチになりストレスに感じ...

≫続きを読む

 

「新玉ねぎの節約レシピ」卵の黄身がまろやかなスタミナおかず

主役にも脇役にもなる玉ねぎ。どこのご家庭にも常備されている野菜ではないでしょうか。一年中どこのスーパーでも見かける玉ねぎですが、春先から初夏にかけて出回るのが新玉ねぎです。新玉ねぎは、黄玉ねぎや白玉ねぎを早どりして出荷したもの。やわらかくて辛味があまりなく瑞々しいので生で食するのに適しており、お子様...

≫続きを読む

 

「新じゃがの節約レシピ」じゃがいもと豚肉のオイスター炒め

春先から出回る新じゃがいも。「新じゃが」は冬に植えたじゃがいもを通常の収穫時期よりも早く収穫したものです。最近では2月から5月にかけて、それぞれの生産地でその年に初めて収穫したものをさすようです。皮が薄く甘味が多いので、新じゃがのもつみずみずしい風味を損なわないようしっかり洗って皮ごと食べましょう。...

≫続きを読む

 

疲労回復に「ピーマンの節約レシピ」ピーマンの鶏ひき詰め

独特のクセがあり苦手な人も多い野菜ですが、安くて栄養たっぷりのピーマン。食べないのは損ですよ。油と相性がよく味にひと工夫した詰め焼きや、炒めものなどバリエーションは豊富です。最近は緑の品のほかに肉厚でやわらかくて甘みのある、赤・黄・オレンジなどのカラフルなものも出回っているので、クセが苦手な人は利用...

≫続きを読む

 

「トマトの節約レシピ」トマトと玉ねぎのサラダ

そのままでも十分おいしいトマトですが、ソースの変化や材料の組み合わせでおいしさもアップするのが魅力の野菜です。炒めものやスープなどにも利用できます。ヨーロッパのことわざに「トマトが赤くなると医者が青くなる」がありますが、高血圧の予防、二日酔い、夏バテ回復にも効果的な体に良い野菜です。ビタミンA、Cが...

≫続きを読む

 

美容・ダイエットに!「かぼちゃの節約レシピ」かぼちゃグラタン

輸入物が増えたかぼちゃは一年中出回るようになりました。バリエーションも豊富なので一個を使い分けするのがおすすめです。カロチンが豊富で夏場のスタミナ補給や冬の風邪予防に役に立ちます。ビタミンC、カルシウム、鉄、リンなどのミネラルや、食物繊維も多く含まれているので、美容やダイエットにおすすめの野菜です。...

≫続きを読む

 

ダイエットに!「こんにゃくの節約レシピ」こんにゃくのソテー

弾力のある歯ごたえで、煮物やおでんなどには欠かせないこんにゃく。こんにゃく自体には味がないので、しっかりと味をしみ込ませる下ごしらえをマスターしましょう。こんにゃくの切り方がポイントです。できるだけ表面積を大きくしたいので、スプーンでかきとる、手でちぎる、手綱にきるとよいでしょう。手綱は5mmの厚さ...

≫続きを読む

 

節約の強い味方!「キャベツの節約レシピ」キャベツとツナの炒め物

どのように調理してもおいしく食べられるおなじみの野菜、キャベツ。炒める、煮る、ゆでる、生でとバリエーション豊富ですよね。淡白な味なので味の変化がつけやすく、芯まで無駄なく使えるので節約の強い味方です。ビタミンCが豊富でイライラ解消に効くカルシウム、高血圧に効くカリウム、胃腸に良いビタミンUはキャベツ...

≫続きを読む

 

「とうふの節約レシピ」とうふのステーキ・大根おろし添え

とうふは「畑のお肉」といわれるように大豆の栄養がそのまま活かされています。どんな食材とも好相性で使い方の幅を広げれば、節約にも一役かってくれます。消化吸収がよく、高たんぱく、低カロリーの健康食品です。木綿どうふや絹ごしどうふ、焼きどうふなど種類も豊富です。最近は、できたてのやわらかさや甘みを味わえる...

≫続きを読む

 

「白菜の節約レシピ」白菜と鶏団子のスープ&白菜の浅漬け

白菜は漬け物、鍋、中華風炒め物などによく利用されます。ビタミンCが多くカルシウムや鉄などミネラルも豊富です。選ぶ時は軸が白くてつやのあるものを。葉が縮れしっかり巻いていてずっしり重いものがおいしいです。冬場のものは一個買いがおすすめですが、夏場のものは傷みが早いので使う分のみ買ったほうがよいでしょう...

≫続きを読む

 

栄養豊富な「ほうれん草の節約レシピ」ほうれん草ととうふの和風炒め

ほうれん草は緑黄色野菜の代表で栄養の豊富さではトップクラスです。カロチンやビタミンB1、B2、B6、C、鉄分、カルシウム、ヨード、食物繊維も豊富に含まれています。旬である冬場のものはハウスものの倍ほどの栄養があり、貧血防止や風邪予防に効果があります。みずみずしくて葉がピンと張っていて鮮やかな緑色、葉...

≫続きを読む

 

大衆魚の代表格!「いわしの節約レシピ」いわしのかば焼き

いわしは大衆魚の代表格です。安くまとめ買いもできるので、材料に合わせて保存し使い分けも楽しみましょう。高タンパクで高カルシウム、低カロリーなので成人病予防や美容にも効果が期待できます。新鮮なものは刺身、マリネ、たたき、酢の物などでいただくとよいでしょう。頭を落として煮物、手開きにしてソテー、フライ、...

≫続きを読む

 

「もやしの節約レシピ」もやしと豚肉の炒め物&もやしのごまマヨ

ビタミンCやカルシウム、食物繊維が豊富で疲労回復の効果もある安くて量のあるもやしをメイン料理に利用すれば、少量のお肉でも簡単にボリュームアップできます。冷蔵庫には立てて保存し、日もちがしないので早めに使いきりましょう。もやしは下ごしらえをすることにより、仕上がりの味に差がでます。少し手間がかかります...

≫続きを読む

 

「なすの節約レシピ」なすとトマトと豚肉の炒めもの

油と相性がよく、炒めたり揚げたりはおいしいなすの食べ方です。調理の際はアク抜きを忘れずに行いましょう。特に栄養のある野菜ではありませんが、低タンパク、低カロリーでバリエーションも多いため食卓に並ぶ頻度も多いと思います。がくのトゲがチクチク痛いくらいのものが新鮮です。皮の色つやがよく美しいものもおいし...

≫続きを読む

 

「にんじんの節約レシピ」洋風きんぴら&にんじんとひき肉の炒め物

にんじんは味や色、栄養面のどの点からとっても料理に欠かせない優れもののお野菜です。油との相性がよいため生で食べるよりも炒めたり揚げたりすることで栄養の吸収が良くなります。緑黄色野菜の中でもカロテンの量が多いのが特徴です。ビタミンB1、C、食物繊維も豊富です。水気は腐る原因になるので、水気をふきとり新...

≫続きを読む

 

「大根の節約レシピ」大根葉のおひたし&大根と鶏肉のクリーム煮

ボリュームがあり1本で生食から煮込み料理まで幅広く利用できる大根です。ビタミンCが豊富で、中心部より皮のほうに豊富に含まれているので皮は捨てずに再利用しましょう。でんぷんの分解酵素であるアミラーゼが含まれていて、消化を助ける働きもあります。捨てがちな葉の部分ですが、カロチンやビタミンC、カルシウム、...

≫続きを読む

 

「あじの節約レシピ」あじの中華風サラダ&骨チップス

あじはくせがあまりなく、生でも煮ても焼いてもおいしい魚です。一年中出回ってはいますが、旬の夏場が特に美味しいです。ビタミンB1、B2が豊富で、良質のタンパク質に富みエイコサペンタエン酸(血液をサラサラにする)やドコサキサエン酸(脳の働きを良くする)も多く含みます。選ぶ際は目玉が澄んでいて光っているも...

≫続きを読む

 

「さつまいもの節約レシピ」さつまいもコロッケ&皮の大学いも

さつまいもの旬は911月頃ですが、12月にかけて水分が少なくなり甘みが増しおいしくなります。ビタミンCが豊富でカルシウムも多く含まれています。でんぷんと糖分をたくさん含んでいて食物繊維も多いので、便秘の予防・改善にも期待できます。できるだけ、凸凹が少なくなめらかで形が良く色むらのないものを選びましょ...

≫続きを読む

 

「にらの節約レシピ」にらのちぢみ&にら入り卵焼き

にらは強い香りが特徴の緑黄色野菜です。香りのもとの硫化アリルには、消化を助けビタミンB1の吸収を高める働きがあります。ビタミンの宝庫でビタミンA、C、B1、B2、カルシウムも豊富に含まれています。葉が肉厚でやわらかく、濃い緑で葉先までピンとしていてまっすぐに伸びているものを選びましょう。袋にぬめりが...

≫続きを読む

 

「山いもの節約レシピ」長いもの梅風味&長いものステーキ

生の状態で食べられるので、刻んであえるだけの簡単節約料理ができます。手のひらの形に似ている大和いもは粘り気が強く、棒状の長いもはシャキシャキしており、おろすとさらっとしています。でんぷん分解酵素であるアミラーゼを豊富に含み消化吸収を助けてくれます。ネバネバ成分のムチンは滋養強壮や若返りに効果的です。...

≫続きを読む

 

皮も葉も利用した「かぶの節約レシピ」かぶのクリーム煮&皮のサラダ

かぶは栄養面も食べ方も大根に似ていますが、大根よりもやわらかな肉質で甘味があります。漬け物やサラダ、スープや煮物に最適です。大根同様ビタミンCやカリウム、食物繊維、アミラーゼなどを含みます。葉にもカロチンやビタミンCが豊富に含まれています。葉が青々としたものを選びましょう。黄ばんでいるものは古い証拠...

≫続きを読む

 

「小松菜の節約レシピ」小松菜とツナの炒めもの&小松菜と揚げの煮びたし

小松菜は、栄養価が高くアクがほとんどないので下ゆでをしなくて生でも食べやすい野菜です。ほうれん草よりもビタミンA、C、カルシウム、鉄が豊富に含まれています。旬である冬場は、1束の量も多く売られているので節約料理にドンドン利用しましょう。ツヤがあり青々とし葉先までピンとしたものを選びます。乾いてしまわ...

≫続きを読む

 

「里いもの節約レシピ」里いもといかの煮物&里いものあえもの

里いもは煮物や汁ものに重宝します。他のいも類よりもカリウムを多く含んでいます。粘り気の成分はムチンといい肝臓や腎臓の働きを助けます。形がふっくらしていて傷のない形の良いものを選び、泥つきのものが長持ちします。寒さと乾燥に弱いので新聞紙に包み常温で保存すれば1か月ほど日持ちします。下ごしらえの仕方は、...

≫続きを読む

 

「アスパラガスの節約レシピ」焼きアスパラガスのサラダと鶏肉の炒め物

独特の歯触りと香りをもちみずみずしく炒めものやサラダやあえものなど幅広く利用できます。ビタミンA、B、C、カルシウム、鉄など豊富に含まれています。アスパラ銀酸はスタミナを高める働きがあります。穂先がしっかりしまっていて、切り口がみずみずしいものが新鮮でおいしいようです。乾燥しないようにラップに包み立...

≫続きを読む

 

「ひき肉の節約レシピ」ひき肉そぼろ

ひき肉は、豚・牛・鶏・合びきとがあり料理の種類によって使い分けをでき、形も味付けも自由な便利素材です。購入の際は、色のいいものを選び黒ずんでいるものはさけましょう。白っぽいものは脂が多く、赤ものものは脂が少ないので用途によって使い分けしましょう。日もちしないので使いやすい分量に小分けして冷凍しておく...

≫続きを読む

 

「ごぼうの節約レシピ」ごぼうサラダ&ごぼうの煮物

ごぼうには栄養はほとんどありませんが、水溶性と不溶性の食物繊維を豊富に含みます。有害物質の排出や生活習慣病の改善に効果があります。まっすぐに伸びていてひび割れのないものを選びましょう。泥つきのものは新聞紙にくるみ冷暗所で、洗ってあるものはポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。ごぼうの皮は包丁の背の部...

≫続きを読む

 

「きのこの節約レシピ」しいたけの卵とじ丼&エリンギとベーコンの炒め物

きのこといっても種類は大変豊富ですよね。一般的には生しいたけ、えのきだけ、しめじ、本しめじ、エリンギ、まいたけ、マッシュルーム、なめこなどがあります。きのこ全般としての栄養価は、ビタミンB1、B2、食物繊維、カリウムなどがあります。低カロリーなのでダイエットには欠かせない食品です。しいたけは石づきを...

≫続きを読む

 

「しらすの節約レシピ」しらすのかき揚げ&じゃこのふりかけ

しらすはいわしの稚魚を塩ゆでし生乾きさせたもので、ちりめんじゃこはよく乾燥させたものです。丸ごと食べられるのでカルシウムが豊富に摂取できます。しらすは白くてつやがあり黄色っぽくなっているものは避け、ちりめんじゃこはよく乾燥したものを選びましょう。しらすをそのまま食べるときは、熱湯をかけ塩抜きをします...

≫続きを読む

 

「チンゲンサイの節約レシピ」チンゲンサイと豚肉の炒め物

チンゲンサイはクセがなく淡白なので下ゆでせずに気軽に利用できます。ビタミンA、C、カルシウム、鉄が豊富な緑黄色野菜です。油で調理するとカロテンの吸収が高まります。葉は肉厚でピンと立っているものを、茎はみずみずしいはりがあり傷のないものを選びましょう。ポリ袋にいれて立てて冷蔵庫で保存します。茎の部分に...

≫続きを読む

 

「ブロッコリーの節約レシピ」ブロッコリーと牛肉の炒め物

ブロッコリーは、キャベツを改良した野菜で栄養価が高く価格も安いので節約料理にはもってこいです。ビタミンC、A、B、鉄、カルシウム、食物繊維、リンなどバランスよく含まれています。選ぶ際はつぼみが密集していてかたく緑が鮮やか、茎が太めで切り口が新しいものを選びましょう。ポリ袋にいれて冷蔵庫で立てて保存し...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 節約レシピ 節約健康レシピ 高血圧改善レシピ お菓子レシピ ダイエットレシピ リンク集